新しい投資方法|シェアハウスに投資することで収入を得る

将来設計の見直し

集合住宅

目的とリスクを理解する

近年、日本では少子化や高齢化社会が進み、公的年金への不安や働き手の不足・将来的な人口減少が社会問題となっています。将来的に公的年金だけでは生活をすべてまかなうことはできず、個人での備えが重要と考える人が増えてきました。定年を迎え、安定した老後を送るためにも不労収入があると高齢になっても安心であると言えます。そこで注目されているのがマンション経営です。マンション経営は家賃として収入をえることができ、年金だけではまかなえない収入を補てんすることができるという点で、近年人気が高まっています。マンション経営をするにあたり、物件を購入する際も頭金をたくさん入れずとも住宅ローンを利用できるのも大きな利点です。ローン返済は入居者の家賃料で支払うことができ、ローンがすべて終了したのちには家賃収入が大きな収益となるため生活が安定します。住宅ローンには団体信用生命保険がセットになっているので、ローン返済名義者が死亡したり事故などで重度の後遺障害が残ってしまうようなことがあっても、ローン残債分は保険金でまかなえる仕組みになっているため、残されたご家族に返済責任がない上に、マンションは財産として残される形となります。こういった点でマンション経営をはじめる人が増えています。しかし何事もリスクはつきものです。入居者がいなければ家賃収入がえられないため、常に空室にさせない工夫が必要となります。また建物の劣化や地震などの災害への備えも必須となるため、購入には十分な下準備と確認が必要です。